NFT

【OpenSea】現在のガス代確認方法!節約するワザや発生タイミングも解説

※記事内に商品プロモーションを含む場合があります
OpenSeaのリアルタイムのガス代ってどうやって確認するの?あと発生するタイミングや節約術なんかもあれば知りたい。
なやむくん

本記事ではこのようなお悩みを解決します。

本記事の内容

NFTの売買をしていく上で、ガス代についてマスターしておくことは必須です。

正直ガス代への理解度によって、どれだけ利益を出せるかが左右されるといっても過言ではありません。

本記事では、OpenSeaにおける現在のガス代確認方法や、節約するワザから発生タイミングまでガッツリ解説します。

この記事を読むと、ガス代の知識をバッチリ身につけ、今後の資産UPにつなげられますよ!

【超重要:手数料についてのご案内

人気のコインチェックなどを使っている方は手数料でかなり損しています。

なぜなら、NFTの購入に必要な送金を行うたびに、1,000~1,500円が必要になってしまうから。

この送金手数料は、実はGMOコインであれば完全無料です。

もし選ぶ取引所を間違えると、年間で1万円以上の無駄な出費に繋がりかねません…。

「絶対に大損したくない」方は、送金手数料が"タダ"のGMOコインを使いましょう!

GMOコイン

\ 無料10分・スマホでかんたん登録 /

GMOコインで口座を作る

※最短でその日から取引可能/変な勧誘一切来ません

けんとよ
なお、以下の記事ではOpenSeaでのNFTの買い方を解説してあるので、気になる方は参考にどうぞ。

>>OpenSea(オープンシー)でのNFTの買い方!5ステップでやさしく解説

OpenSeaのガス代とは?

ガス代とは、ブロックチェーンの利用手数料のことです。

OpenSeaはイーサリアムチェーンをベースとして成り立っています。

そのため、NFTの取引が起こると、ユーザーに対してガス代が要求されるというわけです。

けんとよ
ちなみにガス代はタイミングよっても変わります!

ガス代についての理解をより深めたい方は、以下の動画で勉強してみると良いですよ。

【OpenSea】現在のガス代確認方法

OpenSeaで現在のガス代を確認するには、以下の2つのどちらかのサイトを利用しましょう。

Ethreum Gas Price Chart

現在のガス代を確認できる1つ目のサイトは、「Ethreum Gas Price Chart」です。

このサイトは無料で使用でき、30分ごとのガス代の動きをチェックすることができます。

またPolygonの方も確認が可能なので、汎用性が高くおすすめですよ。

けんとよ
ぼくはリアルタイムのガス代が知りたかったら、大体このサイトを使います。

>>Ethreum Gas Price Chart

ETH GAS STATION

現在のガス代を確認できる2つ目のサイトは、「ETH GAS STATION」です。

OpenSea ガス代 現在 確認 節約 タイミング

このサイトの強みは、本当にリアルタイムのガス代を知れる点です。

けんとよ
ただ、単位が「Gwei」なので、少し上級者向けになりますね。

Gweiなどの用語の意味が分かるレベルであれば、無料で使えておすすめのサイトです。

>>ETH GAS STATION

ガス代についての理解をより深めたい方は、以下の動画で勉強してみると良いですよ。

OpenSeaのガス代が発生するタイミング

購入者側・出品者側の2パターンに分けて、OpenSeaのガス代発生タイミングを紹介していきます。

NFT購入者側に発生するガス代

NFT購入者にガス代がかかるのは、以下のタイミングです。

  • NFT作品を固定価格で購入するとき
  • オファー・オークションをキャンセルするとき
  • ETH→WETHに変換するとき
  • ETH→Polygonに変換するとき
けんとよ
特に固定価格でNFTを買う機会が1番多いはずですよ。

また、購入するNFTの種類に合わせて、「WETH」や「Polygon」への変換を行う際にもガス代がかかるので注意してください。

NFT出品者側に発生するガス代

NFT出品者にガス代がかかるのは、以下のタイミングです。

  • NFT作品へのオファーを受け入れるとき
  • NFT作品の出品をキャンセルするとき
  • NFT作品を誰かに送付する時
  • NFT作品のデータをIPFSに保存した時

実は以前までなら初回出品じたいに高いガス代が必要でしたが、2022年10月からは無料になりました。

けんとよ
おかげで遊び感覚でNFTを作って売る体験ができるようになっています。

OpenSeaのガス代を節約するワザ5選

OpenSeaのガス代を節約するワザは、以下の5つです。

ガス代が高いタイミングを避ける

ガス代は、タイミングによっては以下のように高騰することがあります。

この上がっているところでNFT取引をしてしまうとかなり損になります…。

そのため、一度「Ethereum Gas Price Chart」などのサイトでガス代をチェックしてから、取引をするという流れを癖づけておくと良いですよ。

イーサリアムが安いときに売買する

そしてイーサリアム(仮想通貨)が安いタイミングでの取引を意識することも大きなポイントです。

イーサリアムの価格を確認した時に、チャートを全体的に見て谷のように落ち込んでいる時が最適ですよ。

OpenSea ガス代 現在 確認 節約 タイミング
イーサリアム(ETH)のチャート(引用:CoinMarketCap)

>>イーサリアムの最新価格はこちらからチェック

メタマスクの設定を変更する

メタマスクの設定を「低速」に変えるのもおすすめのガス代を節約するコツです。

けんとよ
取引スピードが遅くなる代わりに、ガス代が少し安くなりますよ。

やり方は非常にカンタンで、まずNFTを購入する際のガス代確認画面で「市場」をクリックします。

OpenSea ガス代 現在 確認 節約 タイミング

そして、3つのオプションの中から「低」を選んでクリックすれば完了です。

OpenSea ガス代 現在 確認 節約 タイミング

より詳しいメタマスクの設定方法は「【NFTのクリック戦争に勝つ】メタマスクのガス代設定方法」を参考にしてみてください。

ポリゴンNFTを購入する

ポリゴンのNFTを取引することでも、ガス代を安くすることができます。

一般的に利用されるイーサリアムとポリゴンの違いは以下の通りです。

ETHポリゴンETH
利用者多い少ない
作品数多い少ない
NFTの価格高い安い
手数料高い安い
円への変換可能不可能

見てもらえれば分かるとおり、ポリゴンの強みは「NFTの価格・手数料」がともに安いこと。

そのため、とにかく安さにこだわりたい方はまずポリゴンNFTを買ってみるのもありですよ。

>>OpenSeaでのポリゴンNFTの買い方をみてみる

プライベートセールを利用する

プライベートセールとは、特定の人しか購入できない出品の形式のことです。

特定の購入者に向けてNFTを出品する場合はガス代を節約できます。

けんとよ
出品する前に購入者が決まっているときは、プライベートセールを使って節約しましょう。

ちなみにプライベートセールでの出品方法は「【NFTの売り方】OpenSeaでの出品・販売方法を分かりやすく解説」の中で解説してあります。

【OpenSea】現在のガス代の確認・節約でよくある質問

ここからは、OpenSeaのガス代でよくある質問にお答えしていきます。

ガス代が安い時間はいつ?

全体的にみると日曜日、または基本的に午後が安くなる傾向にあります。

OpenSea ガス代 現在 確認 節約 タイミング
引用:ethereumprice
けんとよ
色が濃いのは混雑しているのでガス代が高くなっています。

これも時期によって多少変わってくるので、一度ご自身で以下のサイトから確認してみてください。

>>時間帯ごとのイーサリアムのガス代はコチラ

ガス代が高いタイミングはどうすべき?

急ぎでないのなら、少し時間を空けましょう。

ガス代の高騰は時間をずらせば落ち着くこともよくあります。

けんとよ
1,500円を超えたら流石に高いかと。

損しないイーサリアムの買い方は?

NFTに必須のイーサリアムは「取引所」で購入するようにしましょう。

なぜなら、もう一方の「販売所」では手数料が上乗せされており、そちらで買うと損することになってしまうからです。

けんとよ
例えば10万円分のイーサリアムを「販売所」で買ってしまうと、「取引所」に比べて約5,000円の損になります…。

そのため、お得な「取引所」でイーサリアムを買えるGMOコインを利用して手数料を節約するようにしましょう。

GMOコインがおすすめな5つの理由

\ 無料10分・スマホでかんたん登録 /

GMOコインで口座を作る

※最短でその日から取引可能/変な勧誘一切来ません

けんとよ
GMOコインは送金手数料が完全無料という強みもありますよ!

口座開設の手順に不安がある方は、「GMOコインの口座開設方法を解説!【スマホで簡単】」を参考にしてみてくださいね。

OpenSeaのガス代に注意しつつNFT取引をしよう【まとめ】

本記事では、OpenSeaにおける現在のガス代確認方法や、節約するワザから発生タイミングまで解説してきました。

ガス代と上手に向き合うことで、全く知識がない方とかなり大きな差がつきます。

ぜひここで学んだ内容を今後のNFT取引に活かしてみてください。

けんとよ
後で見返せるように、この記事をブックマークしておくことをおすすめします。

【超重要:手数料についてのご案内

人気のコインチェックなどを使っている方は手数料でかなり損しています。

なぜなら、NFTの購入に必要な送金を行うたびに、1,000~1,500円が必要になってしまうから。

この送金手数料は、実はGMOコインであれば完全無料です。

もし選ぶ取引所を間違えると、年間で1万円以上の無駄な出費に繋がりかねません…。

「絶対に大損したくない」方は、送金手数料が"タダ"のGMOコインを使いましょう!

\ 無料10分・スマホでかんたん登録 /

GMOコインで口座を作る

※最短でその日から取引可能/変な勧誘一切来ません

GMOコインがおすすめな5つの理由

また、以下はOpenSeaの関連記事になるので、気になるものがあればチェックしてみてくださいね。

>>OpenSea(オープンシー)でのNFTの買い方!5ステップでやさしく解説

OpenSea オープンシー NFT 買い方
OpenSea(オープンシー)でのNFTの買い方!5ステップでやさしく解説

続きを見る

>>OpenSeaでのポリゴンNFTの買い方をみてみる

OpenSea ポリゴン NFT 買い方
【OpenSea】ポリゴン(Polygon)NFTの買い方を3ステップで解説【お得】

続きを見る

>>【NFTの売り方】OpenSeaでの出品・販売方法を分かりやすく解説

OpenSea NFT 売り方 出品方法
NFTの売り方!OpenSeaでの出品方法を画像たっぷりで分かりやすく解説

続きを見る

>>【無料&10分】GMOコインの口座をつくる

GMOコイン
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

けんとよ

国公立の理系大学生(22)|ブロガー・NFTコレクター|NFT投資の含み益は100万円近く|仮想通貨投資歴2年|FP2級合格|自身の実体験をもとに、初心者の方に寄り添った仮想通貨・NFT情報を発信します。※当サイトで使用する「仮想通貨」は「暗号資産」のことを指します。

-NFT